た日記

こんにちは

裁断・スキャンと iPad

少し前に、読んでないまま本棚に溜まった本が場所を取っていることに耐えられなくなって、本には悪いが、本棚にあるものをすべて、文庫も含めて裁断してスキャンしてPDF化した。

1つ手に取ると、いやこれも読まなきゃ、みたいに順々に見て、結局どれもパラパラとしか見ない、というのを繰り返していて精神衛生上、良くなかった。

「そんなのPDFにしたって一緒だよ?」とも思うが、本自体が場所を取っていることと、紙や(見えないが)カビの匂いなども、圧迫感の原因だったろう。全部スキャンして全部廃棄したら、気分が少しスッキリした気がする。


「文庫本をスキャンするぐらいなら最初から電子書籍で買えばいいのに」とも思うが、文庫を見開きで、iPad mini で見るサイズは、電車で読むのにはちょうど良かったので、これはこれで良しとしよう。

(Amazonを見たところ、直近読んだ分は、そもそも Kindle 対応していなかったので、選択は間違ってなかったことになる)


アプリは「i文庫」で読んでいるが、何かと洗練されてて、細かい気配りも良い。読むのに抵抗が無いのは、i文庫 のおかげかもしれない。

ページをスクロールするときに下の方にこっそり出てくる▲の形のガイドで、どこまで読んだかが分かるのだけど、これは地味に好きな機能だ。