た日記

こんにちは

ジョギングブーム 2018

ジョギングブーム以前: たくさん歩くブーム 2017

おととしあたり、少しヒマになったので、「たくさん歩くブーム」が訪れた。

会社の帰り道や休日、電車に乗らず何時間も歩く、というものだ。

1回あたり、多くて 20㎞ ぐらいという感じで歩いていて、多い月だと1ヶ月 200km を超えていた。

頭痛の頻度が減ったので、いままで運動不足だったのだなと気づかされた。

去年の夏ごろに暑いからペースが落ちたのと、体重は少し減るものの、体つきに変化を感じないのと、ちょっと時間使い過ぎる趣味だなと気がついて再開するのに気が向かなくなってしまったので、ジョギングに切り替えることにした。


ジョギングはじめたての頃

ジョギングはじめたのが去年の今頃で、最初は最寄り駅からの帰り ( 1.8km ) も、走り切れないことに気がついて、これはやばいと思った。

運動不足というのもあるが、「走る」というイメージで、ちょっとペースをあげすぎていた感じがある。

ちょうどその頃、「ランニングをする前に読む本」というのを読んで、「スロージョギング」なるものがあることを知って、「もっとゆるくから始めればよいのだな」と気付く。

また、走り始めてみると、歩くのと違う筋肉が使われることにも気がつく。 特に腹筋や背筋。 これはおじさんには良い効果だ。

なお、「ジョギングだけのために出かける」というのは、まず続かないのは分かっていたので、歩くブームのときと同様、「帰り道」をジョギングすることにした。物足りないときだけ土日も走る(それも買い物の帰り道とかにする)。


モチベーション維持

記録のしやすさを考えて、Apple Watch を使うことにした。(ちょうど 3 が出た頃)

これは正解だった。

理屈的には時計でなくとも「iPhone を取り出して、記録用のアプリ(Nike Run)を起動して、、」とやるのと手間は大して変わらないような気がするが、使い続けてみると気軽に測れるようになった感覚があるので、めんどくささというのは、そういう小さいところにある気がしてる。

運動していない日に「まだ時間はありますよ」とか「今日こそ頑張りましょう」とか言われるのはちょっと余計だと思うけど、そう思いつつ、何か生き物に励まされている気持ちになるのは不思議だ。

脈拍も測れるので、「このぐらいの負荷だと、このぐらいの脈拍になってるのか」というのが分かる。そんなに日々使うわけではないけど、これはこれで便利。


くつ

仕事の帰り道に走るのは、asics の出している Runwalk という革靴。

普段用は、底の薄い靴が好きだ。


ジョギングが1年ぐらい続いての変化

  • 気のせいかもしれないが、体幹が安定して、歩き方が少しカッコよくなったような気がする。
  • 風邪をひきづらくなった
  • 頭痛が減った
  • おなかの調子が悪い、というのが減った
  • 体重は減らない。むしろ増えた

記録

これをどこかに記録しておきたくて、このエントリを書いたのである。1年続いたのは偉いと思うのだが、それを言う相手がいないから、ここに書くのである。

回数 タイム/km 距離 体重
2018/09 32ラン 6'21'' 102.7 km 67.2 kg
2018/08 38ラン 6'13'' 77.7 km 65.2 kg
2018/07 36ラン 6'09'' 84.9 km 64.5 kg
2018/06 38ラン 6'13'' 108.2 km 63.3 kg
2018/05 48ラン 6'08'' 123.9 km 63.5 kg
2018/04 40ラン 6'19'' 104.0 km 64.2 kg
2018/03 32ラン 6'12'' 80.1 km 64.7 kg
2018/02 28ラン 6'35'' 102.7 km 64.7 kg
2018/01 36ラン 6'40'' 145.7 km 63.8 kg
2017/12 31ラン 6'43'' 106.1 km 65.0 kg
2017/11 28ラン 7'19'' 90.6 km 63.4 kg
2017/10 18ラン 7'50'' 59.3 km 62.9 kg

夏場に距離が減ってるのは、暑くて土日に出かけるのが嫌だったから。

ちなみに、7月~9月半ばは、並行してプールにも通っている。